ホームページにお越し下さりありがとうございます。

 

氷見 健一郎オフィシャルページにアクセスしてくださりありがとうございます。バス歌手としてオペラや宗教音楽のコンサートに出演しております、氷見 健一郎と申します。

バスの歌声を生かして皆様に広がりのある音楽体験をご提供致します。バロックから古典までの宗教曲を得意とし、アンサンブルにおいても安定した低声をお届けします。

また、宅録で自身の声素材を提供したり、楽曲のミックス、動画編集も始めました。

演奏会のご相談と合わせてお気軽に問い合わせページよりご連絡いただけますと幸いです。

過去の演奏会出演情報、動画制作関連の情報は活動情報ページにて御覧ください。

 

 

主な活動

オペラ出演

76710848_637024550165757_3869037858861875200_n

新国立劇場オペラ研修所で学んだ知識と持ち声を活かし、様々な役を演じます。

宗教曲ソリスト

IMG_5109

アンサンブルの核となる低声部を安定させ、広がりのあるハーモニーをご提供致します。

コンサート企画、出演

DSC_0844

企画に沿った楽曲のご提案、ソロ、アンサンブルの歌唱、またご要望に合わせたコンサートの企画をさせていただきます。

プロフィール

氷見 健一郎 Kenichiro Himi/バス歌手

富山県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科修士課程オペラ専攻修了。新国立劇場オペラ研修所修了。研修中にANAスカラシップ奨学生として、イタリア、ミラノスカラ座アカデミー、ドイツ、バイエルン州立歌劇場付属オペラ研修所(ミュンヘン)にて海外研修を受ける。

バスソリストとして、バッハの《マニフィカート ニ長調》、《マタイ受難曲》、モーツァルトの《戴冠ミサ》、《ハ短調ミサ》、《レクイエム》、ハイドンの《天地創造》、《パウケンミサ》、ベートーヴェンの《ミサ・ソレムニス》、《交響曲第9番》、フォーレの《レクイエム》に出演。

オペラではモーツァルトの《フィガロの結婚》バルトロ、《ドン・ジョヴァンニ》レポレッロ、騎士長、《コジ・ファン・トゥッテ》ドン・アルフォンソ、《魔笛》ザラストロ、ロッシーニの《セヴィリアの理髪師》バジリオ、ドニゼッティの《ドン・パスクワーレ》タイトルロール、プッチーニの《ラ・ボエーム》コッリーネ、《ジャンニ・スキッキ》シモーネ、チャイコフスキーの《エフゲニー・オネーギン》ザレツキー、ヴォルフ=フェラーリの《イル・カンピエッロ》アンゾレートなどを演じる。

新国立劇場公演《魔笛》にて、ザラストロ役で本キャストデビュー。新国立劇場本公演、セイジ・オザワ松本フェスティバルにおいて、カヴァーキャストとして公演に携わる。

公演では、井上 道義、鈴木 秀美、園田 隆一郎、高関 健、リッカルド・ムーティの各氏、アンサンブル金沢、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、京都市交響楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、読売交響楽団、山形交響楽団と共演。

第12回北陸新人登竜門コンサート出演。第17回松方ホール音楽賞奨励賞受賞。

洗足学園音楽大学 準演奏補助要員。

オペラ、演奏会の出演依頼、出演公演、宅録、ミックス相談に関するお問い合わせなど受け付けております。お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

お問い合わせはこちら
MENU